こすらないようにして洗います

シミに悩む人にとって最大の敵である紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れもまた、シミに大きく影響しています。

例として挙げるなら、CMなどの効果もあって、一躍世間に名を知られるようになった「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすシミとして知られているのが、この肝斑で、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すと言われています。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、原因が紫外線のシミと比較して、完治する可能性が低いのもこのシミの特徴です。

お顔のくすみは多くの女性の悩みですが、顔の洗い方で改善する可能性があります。

くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、毛穴に古い角質でふたをして、せっかくの化粧水が、お肌にうまく入っていかないなんて状態になってしまいます。

そうならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、保湿洗顔料で、泡で摩擦を減らし、こすらないようにして洗います。

ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用すると透明感ある肌へ変わっていくことでしょう。

湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、それだけで肌は薄くなるそうです。

肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層の重なりで、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。

表皮は皮膚のバリアですから、バリアが薄くなると、その下の真皮までダメージが届く可能性が高まります。

ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、こうしてシワやたるみは生まれます。

ホワイトニング成分としては色々ありますが、お肌のシミに強いのがアヤナスBBクリームだといえます。

肌の透明感にかかせないメラニンの生成を抑制する効果があります。

なおかつ、アヤナスBBクリームは美白成分を含んでいるおかげで、新陳代謝を促し、古い角質とともにシミにもさよならさせてくれます。

さらにコラーゲンの生成も高めるなんて効果もあるため、美しい肌へと生まれ変わりやすくなるでしょう。

年を重ねるごとにシミが増えてしまうのは、悲しい気持ちになってしまいます。

新陳代謝に優れた若い人たちの肌を見ると、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。

少しでも若い肌を維持するための努力は今からでも遅くないと頑張って、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。

ご存知の通り、シミの要因は紫外線や老化といわれているので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングを忘れずにやります。

たくさんのシミが肌にあると、実際の年齢より老けて見られる年齢肌になります。

しかし、アヤナスのBBクリームで年齢肌も見違えるようになりますよ。